インターネットやパソコン指導

一番最初のページに戻る>メイントピック>現在地

インターネットやパソコン指導

中学生の模範的なインターネットの使い方の実例

 タイトルは堅いがね。何時も通り、浜松あたりの生徒と家庭教師との間の話。
 まあどこの学校でも、感想文とか人権作文やら税に関する作文とか夏休みの宿題で出すんだがね。添削するのがめんどくさいという理由で、ある程度、そうだね早い子で中学1年生以上、高校生以上の腐れ縁の家来どもは厳命して、メールで送ってこいと指導するのよ。

まぁ物はついでで、この時にワードやらエクセルなんか学校じゃ碌に教えんから、一通りのことはついでに指導するさ。インターネットに関しては静岡県の中学校は比較的、色々と教えていると思う。

もっとも家庭のパソコンに触るわけだから、親御さんの了解は欲しいさ。だってね。家庭の事情が良く分るのよね。建設関係だとCADとか、お母さんが料理好きだと料理ソフトとか入っている。お気に入りも旅行だったり、グルメだったり、障害のある家庭だと、その支援団体とかね。
自分のパソコンを持っている男どもの中にはIEのお気に入りにしっかりxvideosやらredtubeなんて入っている奴もいるのも御愛嬌だorz

で、中学三年生の女の子なんだけど、親父の食品会社のお下がりを使っていてね。最近もらったばかりだが、壁紙を嵐の大野君だったりしてあるのよ。

さぁ教える前に冗談で
「さてさて、○○ちゃんのパソコンのLINEはログインされたまんまだから、全部ワシが確認しよう」と言ったら、
「別に良いよ」と言うではないか。
「本当に良いの」
「ああ、見られて困るようなことしてねぇ―から」
「じゃあ、××君(彼氏)に俺が返事書くのは」
「それはNG」速攻で却下

ガハハハハ

でも、親や家庭教師ずれに見られても困らない使い方をしている=やましいことがないんだよな。

これこそ模範的な使い方だと思うな。こういう子が使っているパソコンのインターネットの過去の履歴やらLINEの記録を見ても問題ないのよ。結論から言うと、児童が親や他人に見られても困らない=親が監視できる条件で使っていると健全に使うことができると実感できた。

バナースペース


県立高校受験情報

私立高校受験情報

私立中学受験情報

お問い合わせ・相談はこちらから
家庭教師八転九起の会の連絡先 

 ブックマーク登録
学校教育のための非営利目的利用の許可 障害者のための非営利目的利用の許可
利用範囲は文化庁ホームページを参照ください