本文へスキップ

ながふじ学区 小中一体校計画

一番最初のページに戻る>メイントピック>現在地

レジュメ

豊田地区の豊田中学校と豊田北部小学校を一体化する

どうやら豊田中学校と豊田北部小学校と豊田東小学校をまとめて一体校を作るらしいとPTAの寄り合いで聞いてきたので、知り合い用にまとめました。

知り合い30人ほどにメッセージを送ったら、質問事項があったので、まずそこから。

(1)そもそも一体校ってなんなの?

同じ敷地内に小学校と中学校がある形で当然のことながら人の行き来はあります。パターン的には下記の形式があります。

A 小学校も中学校も一つの建物にいれる。
B 小学校と中学校を敷地内に別々に建ててグランドのみ共有
C 小学校と中学校と管理棟(職員室やら保健室やらボイラー室やら給食室、さらには図書室やら理科室など共有できる教室)を敷地内に別々に建てて渡り廊下で結ぶ。

ともかく3つ学校を建てることを考えれば、建築費は単純に半分から7割程度で済むでしょうね。

(2)下に出てくる絹村とは何者で、アンタとどういう関係。
私が数年前に自治会長をしていた時に絹村議員は地区の公民館の館長をしていた。まあ腐れ縁というやつで宗教・政党的な関係は全くもってありません。絹村議員は人間的に信用ができると私が認めた人です。私とは政治信念とか異なる点は多々ありますが市議会議員に一番大切なのは人間性だと私は考えるので応援しております。

(本文)
親しくしている市議会議員さんの絹村議員に直接、質問しました。

Q0 議会は知っているの?
A0 もちろん!反対している会派(××党)は2年前から反対しているが、議会全体を見ると総じて賛成だね。ともかく議論しているのは事実(絹村議員)

Q1 どうしてやるの?
A1 30年を目途に磐田市は小学校を中学校の学府に集約して一体校にする考えがある。磐田市では一番最初に豊田地区を先行させてやる予定。(絹村議員)
文科省も小中一体校を設置するなら中学校学府単位でやるようにと指導している流れがある(絹村議員)

※絹村議員は自身の公民館長時代に見た地区の外国人問題を同地区元自治会長の私と熱く互いの政治論を語るがこれは割愛。

なぜ豊田地区が一番最初かというと豊田中学校の老朽化が一番の問題としてあげられる。ついでに北部小学校も大分ぼろいので豊田中学校を改装するなら、いっそう二つを同時に別の場所に建てれば安いし、9年間一貫教育ができると何かと便利だという考え方です。さらに豊田東小学校学区の児童数が、宅地開発の影響で大幅に増えている傾向があるので学校のキャパシティーが足りなくなる可能性がある。だから一挙にドカーンとやってしまいましょうと言うのが基本的な考えだろうね(ワシ)

Q2 いつやるの?
A2 ながふじ学区に関しては5年後の2021年を目途に考えている。しかし選挙の結果、反対派が大量の票を獲得して、反対派が与党になれば廃案となるでしょうね。それと猛烈な反対の住民運動がおこるとやらないだろうね。なんだかんだで5年後がムリゲーにしても10年後には(仮称)ながふじ学園ができるんじゃないのかな?(ワシ)

Q3 場所は?どこに建てるよ?
A3 未定です。意見はいろいろと出ていますが、適切な面積の公有地で空き地になっているところは見当たらないのが現状ですので、どこかを買い上げる形になるのではないか?(ワシ)
ららぽーとの前に駿河健康ランド建設予定地があるが、ずっーーーーーと空き地なので建てないでしょうね。そうすると駿河健康ランド側のメンツも立てて小中一体校を建てたいので土地を買値で買ってくれないかと頼めば可能性としては考えられる(ワシ)

Q4 上新屋・岩田地区など学区の再編は考えているのか?
A4 難しい問題だ。新明中学校学区にある磐田東部小学校でいうと東部小学校卒業後に住んでいる地区(安久路etc)によって城山中学に通う子もいる。同じ小学校を卒業したのに違う公立中学校に行くことに違和感を覚えている(絹村議員)
学区の再編は一体校を建てることより難しいだろうね。ただし時代の流れとしては学区の再編はやっていくようだと思うよ。磐田市の学区は問題点が大ありだしね(ワシ)

Q5 小中一体校ではなく、中高一貫校の話はないの?
A5 磐田市が関与できるのは小中一体校なので、中高一貫校の話はない(絹村議員)

Q6 この構想に賛成なのか反対なのか?
A6 基本賛成(絹村議員)
   基本賛成。ただし建築場所によっては大反対。(ワシ)

ともかく絹村議員の市政にかける情熱には感動を覚えました。貴重なお時間もいただき御協力ありがとうございました。暇なときに地元の議員にも意見を聞いてみます。

意見表明をする際に参考にしてください。

バナースペース


県立高校受験情報

私立高校受験情報

私立中学受験情報

お問い合わせ・相談はこちらから
家庭教師八転九起の会の連絡先 

 ブックマーク登録
学校教育のための非営利目的利用の許可 障害者のための非営利目的利用の許可
利用範囲は文化庁ホームページを参照ください