本文へスキップ

不登校児に対応する家庭教師

一番最初のページに戻る>メイントピック>現在地

私立中学の不登校児童に対する家庭教師派遣

私立中学の不登校

ここ数年で急に増加したのが私立中学一貫校の不登校である。静岡県の私立中学で「やい、またこの学校か・・・」とばかり不登校での家庭教師要請が多い学校(複数)ある。

反対にね。静岡県の私立中学でも学年の生徒数が3クラス90人を超えているのに、不登校も保健室登校も0人なんて素晴らしい私立中学もある。一体、全体、何でだろうか?うーん。分析してみようか。


まずね。静岡県の私立中学の受験要項を見てみても、入学受け入れ者数は書いてあっても、志願者数と倍率と合格者数を公開しているところは殆どないね。なんでだろう?

簡単さ。低すぎるからだ。生徒が少子化の影響+不況の影響を受けて集まらないからね。書くに書けないホトドキスなんだよ。そうすると一部の学校では、教頭=広報=営業マンが我武者羅に生徒集めに走るのよ。
で、動員=入学した生徒どもの学力は、悲惨なくらいばらついているさ。家庭教師八転九起の会みたいに生徒の学力が、ほぼ全員が低いならやりやすいさ。

ばらついているなら、ばらついているなりに、クラス分けで配慮するとか、のんびりコースを作るとかできるけど、やれない中学校もある。そりゃ、私立中学だからね。別に法令違反でもないし、そんなもんだ。コース分けなんかすりゃ、経費がかかり、その分、学費がえーかん高くなるからね。そうすりゃ、生徒が集まりにくくなる。

ご多分にもれず、静岡県だけでなく全国的に見て、学力に応じた教育コースが作れていない私立中学校での、不登校者と保健室登校者とかふれあい教室登校者(教室に入れない児童対象のクラス)が多い。反対に、緻密なコース作りがしている学校は不登校者数はやはり原則的に少なくなる。しかし、この不況の影響で、生徒が集まらず、事実上、コース分けが破たんしてる学校もあるから、こりゃまた困ったもんなんですよ。ハイ。

そうそう、私立校の先生は何処もかしこも、可笑しな先生が1人はいるもんだ。原則、全国チェーンの私立中学でもない限り、転勤はないからね。ワシの出身校を見ても逝かれた先公が今でも複数いるよ。一般企業では懲戒解雇になるような事しても懲戒処分にはならないのよ。おかしな話だ。(文責)

まあ、原則、お勉強ができる子なら、何処でも良いさ。ご予算や家庭方針に応じて、行きたい私立中学を選べばよいさ。そういう子は、苛めやら上記の人間関係のトラブルとか昼夜逆転など精神的な疾患でもない限り、不登校になんかならないだろう。それに宿題が多くても困らんからね。

しかしね。できない子は悲惨さ。宿題は容赦ないし、授業スピードは新幹線だし、意味不明だし・・・やたらテスト多いし・・・そこに人間関係のトラブルとかあればね・・・
書いていて辛くなる。

まあ児童の特性にもよるが、あまり無理して、校風や背の丈にあわない学校に、無理して入れたもらいたくないな。参考まで

バナースペース


県立高校受験情報

私立高校受験情報

私立中学受験情報

お問い合わせ・相談はこちらから
家庭教師八転九起の会の連絡先 

 ブックマーク登録
学校教育のための非営利目的利用の許可障害者のための非営利目的利用の許可
利用範囲は文化庁ホームページを参照ください